書陵部紀要 論文詳細

主題 日本曹洞宗に於ける大日能忍の達磨宗の消長
副題 徹通義介をめぐつて
英題 On the Rise and Fall of the Daruma-shū, founded by Nōhnin Dainichi, in the Nippon Sōtō Zen Sect-Mainly on Gikai Tettsū (one of the devotees of Daruma-shū and later the third successor in the Sōtō Zen Sect)
著者 嗣永 芳照 Tsugunaga Yoshiteru
掲載号 『書陵部紀要』第18号
(BULLETIN: Study on the Japanese Culture in relation to the Imperial Family and Court No.18 0)
発行年 昭和41年11月 Nov 1966
ページ 31 - 43
本文
備考

*書陵部の発行物については、こちらをご覧ください。発行物の販売及び複写頒布等の受付は行っておりません

前のページに戻る