ギャラリー

(R03.10.01更新)

ギャラリーバックナンバーはこちら

お知らせ

【ギャラリー:鞍上にて駆ける近代 御料馬・主馬寮・天覧競馬】
 近代の皇室は,帝室御賞典(天皇賞)という競走名や賞品下賜をはじめ馬文化と深いかかわりがあります。宮内公文書館では,宮内省において作成された御料馬の写真・記録,馬に関する業務を担った主馬寮や御料牧場の記録,あるいは皇室の方々もたびたび訪れた根岸競馬場をはじめとした各地の競馬場への行幸・行啓の記録などがあり,近代の皇室と馬との関係を知ることができます。そこで今回のギャラリーでは,宮内公文書館が所蔵する特定歴史公文書等から計6点を紹介します。
【参考】関連展示会について
 宮内庁宮内公文書館,馬の博物館共催 特別展「鞍上にて駆ける近代 御料馬・主馬寮・天覧競馬」は,開催会場である馬の博物館が休館中でしたが,来る10月1日(金)から開館となり,同展が開催されますので,お知らせします。
宮内公文書館の開館について
 首都圏における新型コロナウイルス感染症の発生状況に鑑み,令和3年7月12日(月)から臨時休館としていましたが,10月1日(金)から開館いたします。
 当面の間,新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対策として,事前予約制による閲覧室の利用となります。詳細については,こちらを御覧ください。
図書寮文庫の閲覧再開について
 首都圏における新型コロナウイルス感染症の発生状況に鑑み,令和3年7月12日(月)から臨時に閲覧を休止していましたが,10月1日(金)から再開いたします。
 詳細については,こちらを御覧ください。
陵墓課の資料1,058件を新たに公開しました。
これまでギャラリーに掲載した作品については「これまでのお知らせ」欄で,各回のテーマとともにお知らせしています。なお,掲載資料名一覧はこちらです。

これまでのお知らせについてはこちらを御覧ください