ギャラリー

(R02.12.01更新)

ギャラリーバックナンバーはこちら

お知らせ

【ギャラリー:港区と皇室の近代】近代の東京都港区域には,皇居からほど近いこともあり,離宮や御殿,御用邸が置かれ,多くは皇族方のお住まいとして利用されてきました。宮内公文書館では,近代における皇室と港区域との関係をうかがい知ることのできる図面や写真等を所蔵しています。当時の様子を視覚的に伝える図面や写真は,幾度かの震災や戦災,都市の再開発などに伴い,姿かたちが変わったところもあるなかで貴重な資料といえます。 そこで今回のギャラリーでは,宮内公文書館が所蔵する特定歴史公文書等から計6点を紹介します。
図書寮文庫の閲覧再開について
 今般の新型コロナウイルス感染症の国内発生状況を受け,令和2年3月2日(月)から臨時に閲覧を休止していましたが,6月2日(火)から再開いたします。  詳細については,こちらを御覧ください。
宮内公文書館の開館について
 今般の新型コロナウイルス感染症の国内発生状況を受け,令和2年3月2日(月)から臨時休館としていましたが,6月2日(火)から開館いたします。
 当面の間,新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた対策として,事前予約制による閲覧室の利用となります。詳細については,こちらを御覧ください。
陵墓課の資料1,058件を新たに公開しました。
これまでギャラリーに掲載した作品については「これまでのお知らせ」欄で,各回のテーマとともにお知らせしています。なお,掲載資料名一覧はこちらです。

これまでのお知らせについてはこちらを御覧ください