書陵部紀要 論文詳細

主題 藩制確立期の新田開発
副題 仙台藩の場合
英題 A Study of the Land Reclaiming Work for Cultivation during the establishing period of the "Han" System: Chiefly of the case of "Sendai-Han"
著者 樫山 和民 Kazutami Kashiyama
掲載号 『書陵部紀要』第19号
(BULLETIN: Study on the Japanese Culture in relation to the Imperial Family and Court No.19 0)
発行年 昭和42年11月 Nov 1967
ページ 13 - 36
本文
備考

*書陵部の発行物については、こちらをご覧ください。発行物の販売及び複写頒布等の受付は行っておりません

前のページに戻る