書陵部紀要 論文詳細

主題 滋賀県垣籠古墳出土鏡の位置づけと意義
副題 旋回式獣像鏡系の再検討と公文書について
英題 Position and Meaning of Japanese Bronze Mirror excavated from "Kaigome-Kofun" in Shiga Prefecture: Reconsideration of "Senkaishiki-Jūzōkyō" and Analysis of Archives
著者 加藤 一郎 Ichiro Kato
掲載号 『書陵部紀要』第67号〔陵墓篇〕 平成27年度
(BULLETIN: Study on the Japanese Culture in relation to the Imperial Family and Court No.67 2015)
発行年 平成28年3月 Mar 2016
ページ 5 - 18
本文
備考 口絵1~4

*書陵部の発行物については、こちらをご覧ください。発行物の販売及び複写頒布等の受付は行っておりません

前のページに戻る