データ更新日時: データ件数:79099件

資料詳細(図書寮文庫)

函架番号 B1 ・ 126
枝番号 0000
分類番号 682 交通 > 鉄道
書名 南満洲鉄道 (建築其1・2・車輌鉄道其1・2)
註記等 -
編著者 南満洲鉄道株式会社
刊写情報 写真, 明治37年―42年, 南満洲鉄道株式会社ヵ
家別 -
点数 5
閲覧区分 -
複製番号 -
翻刻・紹介情報 -
貸出情報 -
解説 -
備考 -
画像 -
閲覧申請

*出版物及び映像への利用(写真掲載・翻刻など)については、図書寮文庫出納係への申請が必要です。 詳細は図書寮文庫資料の利用についてを御覧下さい。

細目(5件)

編著者 南満洲鉄道株式会社
刊写情報 写真, 明治37年―42年, 南満洲鉄道株式会社ヵ
内容 大連停車場満洲軍総司令官出発(明治37年)、同軍隊輸送(同)、大連工場クレーン(同)、大連埠頭重砲輸送(同)、大連停車場第一乗降場(明治38年)、同第二乗降場(明治38年)、大連停車場(明治37年)、大連港ニ於ケル大山総司令官凱旋乗船(明治38年)、大連停車場第二乗降場附近三線軌条(明治41年)、同日本橋下ダイヤモンド・クロススング(同)、大連停車場(明治42年)、同機関庫広軌線(明治41年)、大連附近第三仮橋梁(明治37年)、同附近第五仮橋梁(同)、同附近第五号橋梁工事中(明治39年)、同附近第七仮橋梁(明治37年)、同附近第七号橋梁工事中(明治39年)、金州停車場(明治38年)、金州附近閏家溝複線橋梁工事中(明治41年)、三十里堡附近南河複線橋梁工事中(同)、同附近竜口河複線橋梁(同)、普蘭店附近安子河橋梁(明治37年)、田家河水害橋脚流失仮修繕完成(明治40年)、同附近陳家河橋梁水害仮修繕(同)、瓦房店停車場(明治37年)、瓦房店機関車庫(同)、王家附近竜山河橋梁水害(明治41年)、同附近少鍋河仮橋梁完成(明治40年)、同附近竜王廟河仮橋梁完成(同)、得利寺附近第一復州河仮橋梁(明治37年)、同附近第一復州河水害仮橋梁完成(明治40年)、同附近第二復州河仮橋梁(明治37年)、同附近第三復州河橋梁(同)、同附近第二復州河仮橋梁工事中(明治40年)、同附近第一復州河水害仮橋梁完成(同)、同附近第二復州河水害仮橋梁工事中(同)、同附近第二復州河仮橋梁試運転(同)、同附近第二復州河仮橋梁完成(同)、同附近第二復州川仮橋梁水害(明治41年)、同附近第二復州河橋梁試運転(同)、松樹咀河橋梁水害(同)、関子附近第二西南屯河橋梁水害(同)、蘆家屯附近宅台子河橋梁(明治37年)、熊岳城河橋梁工事中(明治41年)、蘆平河複線橋梁工事中(明治42年)等
編著者 南満洲鉄道株式会社
刊写情報 写真, 明治37年―42年, 南満洲鉄道株式会社ヵ
内容 大石橋停車場(明治38年)、海城河橋梁(明治37年)、同複線橋梁工事中(明治42年)、同複線橋梁(同)、遼陽停車場(明治37年)、遼陽及首山堡(明治41年)、太子河橋梁(明治37年)、同複線橋梁(明治42年)、同複線(同)、烟台炭坑(明治37年)、沙河複線橋梁(明治42年)、渾河橋梁破壊ノ一部(明治38年)、渾河本橋梁修繕完成(明治41年)、得勝台附近太范河破壊橋梁(明治38年)、同附近太范河仮橋梁完成(同)、同附近太范河橋梁修繕工事中(同)、同附近太范河橋梁仮修繕工事完成(同)、鉄嶺停車場(同)、同機関車庫(同)、同軍隊糧食積載(同)、鉄嶺河破壊橋梁(同)、同仮橋梁工事中(同)、平頂堡附近山頭堡河破壊橋梁(同)、同仮橋梁完成(同)、中固附近第三中固河破壊橋梁(同)、開原停車場(同)、開原附近清河破壊橋梁及仮橋工事中(同)、同附近清河仮橋梁(同)、昌図河橋梁仮修繕完成(同)、第二双廟子河仮橋梁工事中(同)、双廟子停車場破壊貯水器(同)、双廟子附近黒祖子河破壊橋梁(同)、満井河破壊橋梁(同)、同ノ一部(同)、虻牛哨河破壊橋梁ノ一部(同)、同附近廟子溝破壊橋梁(同)、公主嶺停車場(明治41年)、同機関車庫(明治39年)、范家屯附近心開合河破壊橋梁(明治38年)、寛城子停車場(明治39年)、老虎台炭坑線路工事中(明治38年)、楊柏堡河仮橋梁(同)、撫順線古城子附近仮橋梁(同)、撫順炭坑線路(同)、撫順停車場(同)、安奉線奉天停車場(明治39年)、同石橋子停車場(明治40年)、同黒坑嶺附近(同)
編著者 南満洲鉄道株式会社
刊写情報 写真, 明治37年―42年, 南満洲鉄道株式会社ヵ
内容 大連日本橋(明治41年)、同北大山通大連倶楽部、同児玉町合宿所、同児玉町鉄道従事員養成所、同児玉町南満洲鉄道株式会社副総裁社宅、同児玉町通社宅、同児玉町ヤマトホテル、同裏、同新館、同児玉町南満洲鉄道株式会社総裁社宅、同児玉町社宅、同児玉町通社宅、同山城町社宅、同露国寺院、同山城町社宅、同北公園、同児玉町合宿所、同大山通宿舎、同大山通ヨリヤマトホテルノ遠望、同北大山通宿舎、同北大山通南満洲鉄道株式会社日本橋事務所、同乃木町通全景、同乃木町通社宅、大連発電所、同大煙突、大連浜町南満洲鉄道株式会社工場事務所、同川崎造所使用工場、同浜町社宅、同監部通海友会倶楽部、小崗子工場、大連伏見台宿舎、金州停車場、遼陽停車場、昌図停車場、郭家店停車場、公主嶺停車場、公主嶺監視家屋
編著者 南満洲鉄道株式会社
刊写情報 写真, 明治37年―42年, 南満洲鉄道株式会社ヵ
内容 南満洲鉄道株式会社本社、同会議室、同本館玄関、同別館玄関、大連市近江町新築満鉄宿舎、満鉄甲種宿舎、同乙種宿舎、同丙種宿舎、同共同浴場、大連発電所増築、大連満鉄電気作業所発電所事務所、大連電車庫、伏見台遊園、伏見台劇場、大連埠頭宿舎、旅順ヤマトホテル、長春停車場、長春接続停車場、長春ヤマトホテル、長春沿線甲種一戸建宿舎、同乙種四戸建宿舎、同甲種二戸建宿舎、長春小学校、長春病院三等病室并婦人科病室、鉄嶺病院、奉天小学校、奉天病院、蘇家屯停車場、同本家、同接続待合室、遼陽病院三等病室、撫順炭坑千金寨新市街全景、千金寨新市街大和町通、同朝日町通、同東二条通、同東三条通、撫順炭坑事務所、同機械庫、同雑品庫、同木工場、同貸事務所、同課長技師社宅、同職員宿舎、同高等職員社宅、同甲種宿舎、同乙種宿舎、同丙種宿舎、同小頭職工宿舎、千金寨沿線乙種丙種宿舎、撫順炭坑共同浴場、同配給所、同小学校、同病院
編著者 南満洲鉄道株式会社
刊写情報 写真, 明治37年―42年, 南満洲鉄道株式会社ヵ
内容 1大連工場平面図、2沙河口工場平面図、3車輌職場ノ光景、4狭軌機関車収容場ノ光景、5還送機関車荷造置場ノ光景、6車輌組立場ノ光景、7汽罐水圧試験ノ光景、8―11広軌機関車組立作業ノ光景、12―20機関車、21広狭両軌機関車比較ノ図、22広狭両軌機関車汽罐比較ノ図、23広狭両軌ノ機関車車輪並ニ付属品ノ比較ヲ示セル図、24監査車、25一等客車、26寝台車、27同内部、28食堂車、29同内部、30一等手荷物合造車、31手荷物郵便合造車、32急行列車試運転ノ光景、33同当日ノ光景、34二等客車、35三等客車、36手荷物郵便合造車、37三等代用車、38有蓋貨車、39広狭両軌車輌比較ノ光景、40・41無蓋貨車、42無側貨車、43油槽車、44車掌車、45狭軌機関車ヲ広軌無側貨車ニ搭載セル図、46・47狭軌機関車積取作業ノ光景、48狭軌車輌還送作業、49二十七英噸揚蒸汽起重機、50蒸汽自働掘鑿機